長編「恋するプログラム 天才社長の不器用な求愛」リリース

  • 2016.08.03 Wednesday
  • 00:12

 

前のブログで紹介した「バカンスの魔法」と同じレーベル「ヴァニラ文庫うふ」(ハーパーコリンズ)さんから、オリジナル長編作品がリリースされました。実は絵も「バカンスの魔法」と同じ三國マコさんです。もう三國さんの描く男性の甘々な表情がたまらない。

 

7月21日に発売されましたが、もう読んでくれた人とか感想くれた人もいて、まだ10日しか経っていないなんて信じられないです。原稿用紙換算で250枚くらいで、デビュー作「月野さんのギター」と同じボリュームなのですが、ヴァニラ文庫さんではこれは「短編」に属すらしく、お値段も324円(税込)とお手頃! お買い得!

例のごとく官能描写ありの恋愛小説ですが、それ混みで楽しんでもらえると思います。
愛してくれる人を見つけたい一心でプログラムを作ってしまう、努力の方向性がずれているヒーローと、奥手かと思いきや直感にしたがって次々行動していくヒロインの物語です。どうぞ、よろしくお願いします。
配信先一覧

跳訳作品「バカンスの魔法」

  • 2016.07.13 Wednesday
  • 20:37

 

ここでの告知が遅くなりましたが、跳訳担当した作品が2016年6月12日に電子書籍で発売になりました。韓国で人気ナンバー1のティーンズラブ小説家ショコラさんの作品を心をこめて訳しました。

 

跳訳作品としては2作目なのだけど、わたしからは出てこない大胆なストーリーと、わたしの文章とキャラ造形の組み合わせが味わえて、これはこれで、わたし一人で書いたのとは違う面白さがあるんじゃないかと思います。跳訳のほうが好きという人が出てくるかも。跳訳1作目の「魔王に愛されて」のレビューを見てると、結構嬉しいことが書いてあった。ちょくちょく読まれているみたい。

やけくその失恋旅行先で偶然出会った後輩くんに迫られて……という官能成分高めのお話です。揺れ動いて変化する主人公の気持ちを丁寧に描写していきました。ソウルに住んでる主人公のやけくそ旅行先は中国の海南島。日本からは直行便がないバカンス地なので、ガイドブックにはほとんど載っていない。でもネットには写真や動画や現地の情報があったおかげで、海南島の描写をぞんぶんにすることができました。
訳すって、言葉を言葉に変換するだけじゃないというか、文化とか景色とかそういうものを理解したうえで言葉を選んでいかなくてはいけないのだなあと思って、なかなか勉強になりました。
324円というお得な値段なのは、この「ヴァニラ文庫うふ」というレーベルでは短編に分類されるからです。でも短編といっても原稿用紙300枚はくらい書いたよ。わたしにとっては長編だ…。でもお得に買ってもらえるのはいいことだ。イラストは三國マコさんです。とても美しいです。三國さんには次作もお世話になりました。
版元さんはハーパーコリンズ。ロマンス小説の「ハーレークイン」を出版しています。あのハーレークインの会社で書かせてもらうとは…!さてはて、どこへ行くのでしょうか、わたしは。
とりあえず、電子書籍じゃ読めない人のために紙の書籍を出版することと、健全なティーンのために官能表現のない小説を出版することを目標にしたいと思います。でも、TL小説も楽しいです。
…って、作品のリンク貼り忘れてました。
「バカンスの魔法」は以下の電子書籍サイトからどうぞ。サイトによってはわたしの名前が出ていないところもありますが、表紙にはばっちり名前がありますのでご安心を!

ラジオドラマをつくりました(FM Hanako@大阪守口市)

  • 2016.05.30 Monday
  • 09:06
大阪守口市のコミュニティラジオFM Hanakoの番組「アフタヌーンレーダー」の企画で、ラジオドラマをつくらせていただきました!原作・脚本・演出・出演…と何から何までやらせていただきましたよ。楽しかったです。

追記:放送は終了しましたが、アフタヌーンレーダーのホームページからネットで聞くことができるようになりました!

アフタヌーンレーダー 5.31放送 第2弾ラジオドラマ
 

放送日 5月31日(火)14:00-14:30 
再放送 6月4日(土)17:00-17:30
聞き方:聴衆可能エリア(枚方市、高槻市、生野区、東大阪市、四条畷市、東淀川区、都島区)の方は82.4MHzまたはHanako専用ラジオでお聞きください。エリア外の方はインターネット放送でお楽しみいただけます。パソコンの場合はFM-Hanakoのホームページから、スマートフォンの場合はアプリTuneInRadioまたはListenRadioでお聞きいただけます。

聞き逃したという方は放送日から一週間後くらいを目安にアフタヌーンレーダーのホームページに録音音源がアップされます。※またアップされたらこの記事を更新します。ちなみにわたしが番組にゲスト出演したときの録音源もアップされています→こちら
ラジオドラマ「ちょうどよいふたり」
原作・脚本・演出 寒竹泉美
出演 寒竹泉美/樹リューリ/柳元麻見(Jプロダクション)/沼田俊也株式会社キャラ)/ほっぺふき子(i_design)
製作 FM Hanako
原作小説は現在10話まで連載中です。ネットでも読めます→こちら。11話は今追われてる締切終わったらアップします。
またやりたいなあ。反響が大きかったらまたやらせてもらえるかも!というわけで、ぜひ聞いてください。
メイキング日記はこちら

長編「担当編集者は二度恋をする 編集者×小説家の場合」電子書籍でリリースされました

  • 2016.05.29 Sunday
  • 00:28


TL(ティーンズラブ)小説、または乙女系小説と呼ばれるジャンルの長編2作目がリリースされました。1作目と同じ蜜愛セレナーデ文庫というレーベルからです。これもまた電子書籍のみの販売になります。そして、こんな可愛い顔して成人向け描写ありです。
 
文学を愛してやまない主人公です。小説や小説家のエピソードがたくさん出てきます。書いていてとても楽しかったです。一か月半くらいで書いたのかな。前作よりも短期間で書けましたが、前作よりももっと書きたいことが書けた気がします。誤字も気合い入れてチェックしました。が、まだ残ってました…(涙)。スルーしてください。すみません。

表紙のキュートな絵は、弓槻みあさんの絵です。弓槻みあさんに描いてもらえるかも……と聞いたときに、キュートでときめいて楽しくて元気になる物語にしようと決めて書きました。最終的な仕上がりが予想以上で嬉しいです。中の挿絵もドキドキです。
ぜひお試し無料の冒頭だけでも読んでみてください。

各電子書籍サイトで販売中。だんだん配信サイト増えていきます。リンクが貼られてないのはこれからリリースされる予定サイトです。リリースされたら随時リンク先を更新しますので、便利なサイトからどうぞ。キンドルは無料のKindle アプリを入れて、アマゾンのアカウントで購入すると、スマホからでも読めます。購入しなくても無料立ち読みができます。便利ですのでお試しを。

<配信サイト>

ロマンスブックカフェ
ヤフーブックストア
Amazon Kindle
animate Books

電子書店パピレス
Renta!
コミックシーモア
BOOK WALKER
ebookjapan
どこでも読書
LINEマンガ
BookLive!
ReaderStore
めちゃコミック
auブックパス
スマートブックストア(PCからはアクセス不可。スマホ・タブレットのみ)
dブック

大阪府堺市にまつわる掌編を書きました

  • 2016.05.13 Friday
  • 09:12
こちらでのまとめが遅くなりましたが…
建築・デザイン系翻訳会社FrazeCrazeさまのオウンドメディアに大阪府堺市にまつわる掌編3作品を寄稿し、3月初旬にアップされました。

【掌編小説】海と燈台

【掌編小説】サカイのおじさん

【掌編小説】晶子

制作のあれこれや、なぜ堺市なのか、などのエピソードはこちらの日記に書いております。
ほかの記事も面白いのでぜひぜひご覧ください。→FrazeCrazeオウンドメディア

堺市といえば古墳、工場地帯、海、与謝野晶子、千利休などなど。歴史も由緒もあり、そして大阪市ほど都会ではなく、もちろん田舎でもなく、みんな地元を愛していて暮らしやすそうな街だなあと思いました。わたしは、東京や大阪の大都会より、ほどほどの地方中核都市が好きなようです。広島と福岡と京都と移り住んできたわたしとしては堺市はなんだか落ち着きます。
また遊びに行こうと思います。


photo:ツキノカホ

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM