ライターのお仕事あれこれ

  • 2018.05.03 Thursday
  • 07:08

毎度のことながら、このブログの更新は滞りまくりですみません。

2017年の3月くらいから理系ライター集団 チームパスカルのメンバーに加わり、ライターもやっています。
パスカルのWORKページを見ればわかるように、みなさん超ベテランの猛者ライターたち。つまりわたしは、ライターになりたて(レベル1)なのにベテランのパーティーに加わったわけで、襲い来る敵(仕事)がどれもこれも強い強い。小説家で培ってきた馬力と文章力で社会性のなさを補いながら、次々来る仕事と必死で格闘し続け、先輩方にフォローしてもらいながら、なんとか生き延び、ようやく1年経ちました。

 

 

ライターの仕事は名前が出ない&自分がやったと告知できないものも多いですが、署名記事もあったり

 ▼雑誌

  AERAムック 駿台予備校 講師インタビューなど
AERAムック 京都橘大学 教員インタビューなど 

  AERA 2017.11.13発売号 京都特集「応仁の乱のゆかりの地を巡る」
  AERA English 2018 spring&summer号 インタビューなど

 ▼WEB

  国立大学附置研究所 インタビュー(担当記事)他にも執筆中

 

やってるって言っていいよ、そして宣伝して〜と言ってくれてるものもあったり

 ▼WEB

  サイエンス系お役立ちメディア「M-hub」 毎月更新されます!

そしてブックライターという仕事にも挑戦し、本が完成しました。ひと昔前までは「ゴーストライター」と呼ばれていた著者の代わりに本を書く仕事ですが、最近は「ゴースト」ではなく、ちゃんと制作メンバーとして名前が載ったりプロフィールが載ったりするのでした。

 

ブレインフィットネスバイブル 脳が冴え続ける最強メソッド』(盪害躪圈 杉浦理砂 著、幻冬舎)

税抜1500円。5/10発売です。

 

 

脳を休めることで本来の力を取り戻すブレインフィットネスジムを立ち上げた盪骸卍垢離灰鵐札廛箸函脳科学者の杉浦先生が膨大な研究データから導き出したメソッドを、専門外の人にもわかりやすく伝えられるように頑張って書きました。大学院で勉強したことと比較的近い分野だったので、自分のやってきたことを生かせてうれしかったです。

 

幻冬舎plusで本を紹介する連載も始まりました。全部で6回です。週1くらいで更新されます。
タイトルとか小見出しの攻め具合は編集者さんの腕なのです。
科学的であることにこだわった著者のおふたりが集めた膨大な論文の山から導き出されたメソッド。
両方があったから生まれた1冊です。ほんと、いい本。わたしもたくさん勉強させてもらいました。これを書いていくうちに、自分も脳の健康に気をつけるようになった。もし出会わなかったら無理をし続けて、健康な脳の寿命を減らしていたかもしれない。
一生モノカキをやっていきたいと思っているので、脳はメンテナンスしつつ大切にしなくては。
 
脳が冴えるにはどうすればいいか、という方法はこの本に書いてありますが、そもそも脳とは何か、どういう仕組みで働いているのかという、本だけで理解するのは難しい部分を、楽しくわかりやすく解説する講座を6/1に行います。この講座を聞いたら、この本がますます面白くなるかも。4月にもやりましたが、楽しんでもらえました。
という感じで。長々と書きましたが、ライターはいろんな刺激がもらえて勉強もできて文章の修行にもなるので、わくわくする仕事に出会える限り、これからも続けていくつもりです。今年は、うまく時間をやりくりして長編小説も書こうと思っています。依頼はないけど。
こんなのにも出ます。定員あと3名。
ライターや編集者さんがつどう会です。横のつながり大事。交流会もあるので、ぜひぜひ。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM