新作「隠秘の恋 王女は騎士の甘い嘘に乱れる」文庫本で出版されました

  • 2017.09.08 Friday
  • 11:25

6月に出ました。今頃の掲載ですみません。

 

 

 寒竹泉美・著 ミシェル・リード原作

 

 

 

 

初めての歴史ファンタジー小説です。

 

 

今まで現代もののTL小説(女性向けエロあり恋愛ライトノベル)を書いてきましたが、初の歴史もの。中世ヨーロッパ風の世界観を舞台にしたロマンス小説なのです。業界では「ヒストリカル」というジャンル名で呼ばれております。

 

 

そしてTL小説の業界では、現代ものよりヒストリカルが圧倒的に人気なのです。

 

 

別世界に飛べて、とっぷり浸れるのがいいのかな。金色の髪に豪華なドレス。お姫様や騎士が登場して。身分差の恋。家のしきたり。うっとりするような要素がたくさんあるのです。

 


 
歴史は苦手だから無理だと思っていたのですが、ミシェル・リードという世界中で読まれている恋愛レーベル「ハーレークイン」の人気作家の作品を下敷きにして…という話だったので、それなら書けるかもと思って引き受けました。

 
が、いちから書くより難しかったです…。

 

だって、原作は現代イギリスが舞台で、ヒロインはイタリア人でヒーローはビジネスマンなのに、19世紀ヨーロッパ風の世界に変えなくてはいけないし、ヒロインの勝気な性格も日本の読者の好みに合わせて変えなくてはいけないし。もちろん、TL小説ならではの読者を楽しませるツボも押さえないといけないし…と頭をフル回転させました。

 

 

そして、物語の魂をいれるために心を振り絞りました。

 

 

いつもと違う世界観だけども、わたしの作品だなあって思ってもらえたら嬉しいです。

 


 
篁ふみさんの美しいイラストは本文の中にも挿絵として何枚か入っていて、ヒーローとヒロインだけでなく、ほかの登場人物も素敵に描かれていて、なんかもう幸せいっぱいでした。

 
ずっと電子書籍ばかりでしたが、ようやく書店に並ぶ本を出すことができました。毎月2冊出るVanilla文庫シリーズの6月刊行分です。まだ書店にあると思います。検索するか、Vanilla文庫ありますかと聞いてください。あ、エロありレーベルなので。恥ずかしがり屋さんはこっそり探すかネット注文しましょう。

 

 
ほら見て。この厚み!電子書籍では出ない厚み!(※内容の厚みは電子書籍も一緒です)

 

 
紙の書籍だからサインできる!なんか、サイン!ひさしぶり!

 
大垣書店 京都ヨドバシ店さまでサイン本を作らせていただきました。もうサイン本は全部売り切れました。遅かったですね。役に立たない告知ブログですみません。

 
どんな話なのか、内容のこと書いてないですね。

 

これぞロマンス小説という王道の物語を書きました。わたしが読みたいものをつめこんだ。

 


 
わたしがこの恋愛ライトノベルというジャンルで気を付けていることは、いつまでもこの世界にいたいと思ってもらえるようにということ。はっと驚く展開とか、意外などんでん返しとか、次々読みたくなる謎とか、そういう面白さもあるけれども、「ネタばれ」してしまったらもう面白くないという小説は書きたくなくて(このジャンルでは)、読み終わった後も、あのシーンもう一度読もう…ってパラパラ読んでくれるような、このふたりにまた会いたいと思って本を開いてくれるような、そんな小説を目指しています。お気に入りの音楽を聴くような。

 
まだまだ目指しているところには到達できないけれども、いつか、そんなふうに読んでくれる人が現れたら、わたしは泣くかもしれない(笑)

 
またこのジャンルを書きたいです。(と、ここで言っとこう)

 

書きたいとか言いながら、わたし、書くの遅いからな。筆は早いけど、物語が立ち上がるまでが本当に時間がかかる。

 


 
電子書籍と絵ノベル(RPGゲームみたいでなかなか面白いです!)でも発売中です。
試し読みだけでもどうぞ。

 
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM