【追記】12/17-18に大阪で演劇しましたよ。

  • 2016.12.27 Tuesday
  • 16:18
脚本に一年半以上、稽古に半年かけてつくりあげた演劇「斜陽」の公演が好評のうちに終了しました。全席ほぼ満席状態。想像以上に手ごたえがあって、がんばってよかったなと心から思える二日間でした。本当にたくさんのご来場ありがとうございました。
あちこちに書き散らしてしまいましたのでリンク貼ります。よかったらどうぞ。
平本さんのインタビュー(公演写真もあります)
役者集合写真
楽しかったなあ。
そして言葉をちゃんと届けられた。
脚本やっても役者やってもわたしは小説家なのだと思った。小説家だからこそできることもあるかもしれない。来年もまたいろんな挑戦をしていきたいです。
今年も残り少ないですが、ご自愛ください。
そして、良いお年を。
乾杯。
※告知時の日記(2016.10.24)
------------------------------

実は、人生初の演劇です。漫画「ガラスの仮面」の大ファンで、演劇に憧れておりました。でも脚本ならともかく、自分が舞台に立つのは無理だって思い続けていた。だって、大きな声が出ないし。

それなのに、なぜか朗読劇をやることになり、何度か公演しちゃったりして、「声コンプレックス」はある程度克服されて、今回ご縁があって誘われて、それが自分が脚本を起こした作品で、スタンスに共感できる主宰の方だったので、えいやっと飛びこんでしまいました。

 

何事も、こんなふうに始まっていくのだなあ。

 

毎週土日のどちらかは1日稽古をしています。

太宰治「斜陽」を原作にし、わたしが朗読劇に仕上げて公演したのが2年前。その脚本をもとにさらにエピソードや登場人物を加え、主宰の平本さんとの共同執筆で演劇の脚本になりました。

やっぱ生身の人間が動き回ると楽しいですねえ。他人事じゃないけど。わたし、朗読劇のときと同じ役「かず子」演ります。原作の主人公です。

 

人生で最初で最後の演劇だと思ってますので、見にきてやってください。そして太宰の作品世界に想いを馳せてもらえたら何より幸せです。

*
*
*
日時:2016年12月17日(土)、18日(日)
場所:座・九条
料金:2000円(当日精算)
ご予約こちら。5回公演。希望の日時はお早めに!
http://hiramoto.com/ticket/shayo/
2年前の朗読劇の様子はこちらにこそっとアップしています。よかったらどうぞ。

「斜陽〜それぞれの革命〜」

前半
https://goo.gl/vAfUuO

後半
https://goo.gl/Nsgz50

2年前の朗読劇のときの写真。
メンバーもまったく違って、今度はどんなかず子になるでしょう。
今回は主宰じゃないのでとても楽させてもらっています。演出さんとメンバーの安心感の中で、初めての役者に専念させてもらってる。人のご縁にめぐまれている。とてもありがたいことです。
行くよって言ってもらえるたびに、愛を感じてしみじみします。良いものに仕上げて、愛をせいいっぱいお返ししなければ!
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM